ナンカ!い~旅 LINK集

博多(福岡県)

photo

九州最大の都市『博多』。福岡市内の博多湾に面する港湾都市で、古くは「博多津」と呼ばれ貿易で大いに栄えました。江戸時代には大河ドラマ「軍師官兵衛」で主人公の「黒田官兵衛」が入国し、現在の博多中心部を流れる那珂川を挟み、福岡藩52万石の壮大な城下町を築きました。
博多の代名詞とも言える「屋台」では、「博多ラーメン」「焼きラーメン」「もつ鍋」「水炊き」玄界灘で獲れる新鮮な海鮮料理など、こだわりのグルメ派も大満足。また、「中洲」をはじめ「キャナルシティ福岡」「ホークスタウン」地上116mの展望室が、恋人の聖地に認定された「福岡タワー」、車で約30分の「大宰府天満宮」など見所も満載。九州へ旅行に行く際は、絶対に立ち寄りたい人気の観光スポットです。

佐世保市内(長崎県)

photo

1950年代中頃より、多くの水兵で栄えた港町『佐世保』は、外国人バーをはじめホールやクラブが建ち並び、多くのJAZZMANが集まるアメリカンな雰囲気を楽しめる街です。
市内から車で約10分の西海国立公園内「西海パールシーリゾート」では、白い帆船風の観光遊覧船「パールクイン号」で九十九島遊覧を楽しめます。隣接する九十九島水族館「海きらら」には、九十九島湾大水槽をはじめ、クラゲシンフォニードームやイルカショーなども楽しめ、九十九島の海に生息する生き物たちの生態系を学ぶことができます。また、グルメも充実、全国的にも有名な「佐世保バーガー」をはじめ、「海軍カレー」「海軍さんの入港ぜんざい」「レモンステーキ」「九十九島牡蠣」などグルメ旅にも最適です。

新幹線で行く佐世保市内ツアー

設定なし

ハウステンボス(長崎県)

photo

中世ヨーロッパの街並みを再現したイベント盛りだくさんのテーマパーク『ハウステンボス』。パーク内は、四季折々の旬を彩る花が咲き誇り、ヨーロッパを模した運河やホテル、アミューズメント施設、美術館などが建ち並び、日本にいながらヨーロッパを旅している気分を体験できます。
春開催の「花の王国(チューリップ祭り)」に始まり、「スペシャル花火大会」「オクトーバーフェスト」冬季に開催され人気イルミネーションで常に上位の「ハウステンボス光の王国」など、季節に見合った特徴あるイベントも楽しめます。また、セグウェイや、馬車ツアー、ベイサイドカヌーなどのアクティビティも充実しており、あらゆる世代が楽しめる究極のエンターテイメント空間を感じてみませんか?

長崎市内(長崎県)

photo

稲佐山・鍋冠山・風頭公園などから望む、長崎港を中心とした『長崎』独自の立体的な夜景が『モナコ』『香港』とともに、世界新三大夜景に認定された、みどころ満載の異国情緒漂う街『長崎』。
幕末の英雄、坂本龍馬ゆかりの地としても有名な「グラバー園」は、国指定重要文化財の旧グラバー宅を中心に、市内に散在していた有名な洋館を移築し復元されました。「グラバー園」より徒歩約1分の「大浦天主堂」は、幕末、在留外国人のために建てられた中世のヨーロッパ建築で、ゴシック調の国内で現存する最古の教会と伝えられ「グラバー園」とともに長崎を訪れる観光客には人気の観光スポット。
また、日本三大中華街の長崎新地中華街で味わう本場の「ちゃんぽん」「皿うどん」も格別。

熊本市内(熊本県)

photo

戦国時代、築城の名手と云われた戦国武将「加藤清正」によって築城され、日本三大名城の一つである「熊本城」を中心に発展を遂げた『熊本』。熊本城は築城400年を迎え、絢爛豪華な本丸御殿が見事に復元されました。中でも「昭君の間」と呼ばれる当時の大名文化の粋を集めた煌びやかな造りや、「武者返し」と呼ばれる敵を寄せ付けない石垣は必見の価値ありです。「熊本城」から約10分の距離にある「水前寺成趣園」も人気の観光スポット。江戸時代の藩主、細川家ゆかりの御茶屋に1636年に開園された由緒ある桃山式回遊庭園です。また、『熊本』の代名詞とも言える「辛子蓮根」「馬肉料理(馬刺し)」をはじめ、明治初期に生まれた「太平燕」や、まろやかな豚骨スープにコシの強い中太麺が特徴の「熊本ラーメン」など、グルメにこだわるあなたも大満足。

鹿児島市内(鹿児島県)

photo

九州新幹線全線開業により活気づく国際都市『鹿児島市』は、シンボルである雄大な桜島と、錦江湾を望む鹿児島県の中心地。薩摩藩・島津77万石の城下町として発展した「鹿児島市」は、西郷隆盛、大久保利通など、幕末に明治維新ゆかりの多くの偉人を輩出した地としても有名。市内には、温泉の源泉が約270も点在しており、ほとんどの銭湯が温泉なので、銭湯巡りも観光客には人気があります♪また、薩摩焼酎を味わいながら楽しむ「黒豚しゃぶしゃぶ」「さつまあげ」「きびなご(刺身)」や、ふわっと削った氷にミルクシロップをかけ、スイカ、バナナなどの果物をちりばめた鹿児島オリジナルなかき氷「白熊」など、グルメ&スイーツに大満足な『鹿児島市』に出掛けてみませんか?

指宿温泉(鹿児島県)

photo

世界でも珍しい自然のサウナ「天然砂蒸し温泉」をはじめ800を超える豊富な泉源を有する国内屈指の『指宿温泉』。周辺には、見事な円錐型の山容から薩摩富士とも呼ばれる標高924mの休火山「開聞岳」や、大昔の火山活動によってできた周囲15km、水深233mの九州最大のカルデラ湖「池田湖」。ハワイのダイヤモンドヘッドに似ていると言われる「魚見岳」、薩摩半島最南端にある岬「長崎鼻(灯台)」など人気スポットも盛りだくさん。また、「温たまらん丼」「温たまらん豚」や、生産量日本一を誇るそら豆を使用し、近隣のスイーツ店が工夫を凝らした「そら豆スイーツ」など、人気上昇中の新B級グルメも旅の楽しみに加えてみませんか?

宮崎市内(宮崎県)

photo

ポカポカ南国の光に満ちた『宮崎市』は、県央に位置し、一ツ葉海岸に沿って南北11キロに広がる大型複合型リゾート「宮崎シーガイア」や、深い緑に囲まれ神武天皇ゆかりの神社「宮崎神宮」。1932年に建設された近世ゴシック様式の重厚な建物と流麗な装飾が美しくモダン建築として全国的にも知られる「宮崎県庁(楠並木)」など観光スポットも充実!
『宮崎市内』から、少し足を延ばせば、神話の里「高千穂峡」縁結びで人気の「鵜戸神宮」海幸・山幸の伝説が残る「青島」小京都「飫肥」などなど…見どころ満載!
また、温暖な宮崎は、グルメ派も大満足の食の宝庫!日本を代表する「宮崎牛」「完熟マンゴー」をはじめ、日向灘で獲れる「伊勢海老」炭火で香ばしく焼かれる「宮崎地鶏」「チキン南蛮」「釜揚げうどん」。。。
魅力たっぷりの宮崎満喫の旅に出掛けてみませんか?

霧島温泉(鹿児島県)

photo

幕末の志士、坂本龍馬が、日本で最初の新婚旅行として訪れた山間の名湯として有名な『霧島温泉郷』。世界的にも貴重な、生きた自然の息吹を感じられる風光明媚な国立公園「霧島山」を有し、鹿児島のシンボル桜島も望むこともできます。天孫降臨の神話を伝え、パワースポットとしても人気の高い「霧島神宮」や、大隅一の宮として知られる「鹿児島神宮」などの名所旧跡。霧島の大自然の中を散策する「森林セラピーロード」や、霧島山麓の高原にある地形や樹木を生かした野外美術館として人気の高い「霧島アートの森」など、人と自然・歴史・文化が触れ合う南九州を代表する温泉郷に、疲れた身体を癒しに行きませんか?

阿蘇(熊本県)

photo

世界遺産登録を目指す雄大な自然が魅力の『阿蘇』。千年の時を越え守り継がれた広大な草原、“涅槃像”とも呼ばれる阿蘇五岳、日本ジオパークに認定された世界有数の巨大カルデラなど『阿蘇』は、まさに日本が誇る「世界規模の遺産」とも言えるでしょう。
阿蘇山のパワーが蓄積されるヒーリングスポット「草千里」、阿蘇五岳の一つで、世界でも稀な活火山の活動を間近で体験できる「阿蘇中岳火口」、縁結びのパワースポットと知られ、境内の“高砂の松”の周りをぐるりと回る縁結び祈願で有名な「阿蘇神社」などなど人気観光スポットが盛りだくさん。

黒川温泉(熊本県)

photo

全国でも屈指の人気温泉地として知られ、小さな渓谷沿いに佇み、山間の美しい自然に囲まれた日本的情緒溢れる街並み『黒川温泉』で癒しのひととき。
旅館ごとに趣向を凝らした多くの温泉露天風呂が点在し、『黒川温泉』の代名詞とも云われる入湯手形を購入してポカポカワクワク温泉露天風呂巡り・・・ 女子には嬉しいカラフル浴衣のレンタルサービスも用意されており、アートギャラリー、郷土料理店、地ビールや地酒、ご当地スイーツ、オリジナル雑貨販売のお店などなど、つい立ち寄ってしまいたくなるお店が建ち並ぶ街並み散策が人気です。

新幹線で行く黒川温泉ツアー

2泊3日

湯布院(大分県)

photo

国内からだけではなく、海外からも多くの観光客が訪れる「一度は行ってみたい観光地」で、常に人気上位にランキング。絵画やガラスの美術館などが点在するアート、個性的で純和風な雰囲気を醸し出す宿泊施設の数々、全国第3位の湧出量を誇る温泉などで迎えてくれる粋な街、憧れの『湯布院』。
四季折々の異なる表情を見せる壮大な豊後富士(由布岳)を望む温泉露天風呂、湖底から温泉が湧き出し幻想的な朝霧が神秘的な金鱗湖、オシャレなカフェやショップが建ち並ぶモダンな街並みでの買い物散策など・・・九州内だけでなく日本を代表するトップクラスの人気観光地で優雅な休日を過ごしてください。

大分市内(大分県)

photo

日本一を誇る大温泉郷『別府温泉』にも車約10分。日本を代表する観光地『湯布院』へも車約60分の観光に便利な立地。ボス猿が変わればニュースになるほど、ニホンザルの生息地として有名な高崎山。山頂より望む別府湾の風光明媚な景色も最高。国道を挟んで向かい側には、大分水族館マリンパレス「うみたまご」があり、高崎山とセットでの観光がオススメです。
また、大分のご当地グルメも充実。「豊後牛」「関アジ」「関サバ」「城下かれい」「とり天」「だんご汁」「地獄蒸し」「鉄輪豚まん」「地獄蒸しプリン」など、大分の美食を心ゆくまで堪能してみてください。

別府温泉(大分県)

photo

源泉数、湧出量ともに日本一を誇る大温泉郷『別府温泉』は、泉質のバリエーションが豊富で、「砂湯」「泥湯」「蒸し湯」など入浴法も様々。身体も心も癒される温泉三昧を楽しめます。別府温泉郷には、別府八湯と呼ばれる八つの異なる温泉(別府・鉄輪・明礬・浜脇・亀川・観海寺・堀田・観海寺・柴石)があり、立ち寄り湯としてもノスタルジーを感じる別府八湯巡りも人気です。
また、真っ赤に染まる「血の池地獄」、冷水のようなブルーの源泉「海地獄」、ワニのいる「鬼山地獄」などを巡る(別府)地獄巡りをお楽しみください。

photo
※写真はイメージです

別府温泉(別府地獄めぐり) 大分

真っ赤に染まる「血の池地獄」、まるで冷たい水のようなブルーの源泉「海地獄」、ワニのいる「鬼山地獄」など別府ならではの豊富な種類の源泉がご覧いただけます。
また立ち寄り湯としてもノスタルジーを感じる「竹瓦温泉」や「泥湯」などもお楽しみください。

photo
※写真はイメージです

由布院温泉 大分

温泉だけではなく、散策コースとしても人気の由布院。モダンな町並みに佇むオシャレなカフェや土産物店、メインストリートの湯の坪街道を金鱗湖までゆったり散歩。
またアートの町としても有名で「裸の大将」としても有名な放浪の天才画家「山下清原画展」も常設展示されています。

photo
※写真はイメージです

やまなみハイウェイ 大分

阿蘇・宮地から由布院までを繋ぎ、由布岳や九重連山を望みながら信号のない一本道を走るまさに絶景のドライブコース。
途中、道の駅に立ち寄って地元ならではのグルメも楽しむことができます。

photo
※写真はイメージです

黒川温泉 熊本

元来、鄙びた湯治場であったので泉質は抜群に良い。由布院と対照的にお忍び的なカップル・女性グループに人気!のんびりと温泉を楽しみたいお客様向け【入湯手形で露天風呂巡り 】

photo
※写真はイメージです

阿蘇 熊本

雄大な自然を誇る阿蘇エリア。阿蘇中岳噴火口(阿蘇山ロープウェイ)・草千里ヶ浜・大観峰・米塚・白川水源・阿蘇神社・阿蘇カドリードミニオン・まるで絵画の世界に飛び込んだかのような動物たちが戯れる大きな平原、火山であることを再認識させられる巨大なカルデラ、都会では普段味わえない感動を与えてくれます。

photo
※写真はイメージです

柳川川下り 博多

北原白秋ゆかりの地としても有名。船頭さんの案内を交えながら、名物の「どんこ船」でゆったりと四季折々の風景を眺めながら堀を下っていきます。
冬はコタツ船で風情たっぷり。

photo
※写真はイメージです

大宰府天満宮 博多

学問の神様としてあまりにも有名な「菅原道真」を祀った全国の天満宮の総本山。初詣の際には、九州はもとより日本全国から毎年200万人以上の参拝者が訪れます。また、本殿右横の『飛び梅』には、道真公を慕って京の都から飛んできたという伝説が残されており、境内にある歴史館には、道真公の一生に触れることもできます。

photo
※写真はイメージです

大観峰 博多

阿蘇の山々に囲まれ、阿蘇の山並みを一望できる絶好のビュースポット(展望台)。阿蘇北外輪山の最高峰で標高は936m。目の前に広がる涅槃像とも呼ばれる雄大な『阿蘇五岳』をはじめ、カルデラ盆地の『阿蘇谷』や『九重連山』を望むことができます。都会では感じることのできない、阿蘇の大地から湧き出るパワーを体感してみませんか。

photo
※写真はイメージです

高千穂 宮崎

高千穂には『古事記』に記された国造神話の伝承地が多く残っており、近年は、パワースポットとして注目され、出雲大社と並び女子旅の聖地としても絶大な人気を誇ります。高さ100m近い断崖が約7㎞にわたって連なる渓谷「高千穂峡」の中でも、日本の滝100選に選ばれた「真名井の滝」は迫力満点で、特に、夏のライトアップ時期には、より幻想的な姿を見せてくれます。

photo
※写真はイメージです

ハウステンボス 長崎

中世ヨーロッパの街並みを再現したイベント盛りだくさんのテーマパーク『ハウステンボス』。パーク内は、四季折々の旬を彩る花が咲き誇り、ヨーロッパを模した運河やホテル、アミューズメント施設、美術館などが建ち並び、日本にいながらヨーロッパを旅している気分を体験できます。

photo
※写真はイメージです

日田温泉 大分

江戸時代幕府の直轄地『天領』として九州の政治・経済・文化の中心地として栄えました。現在でも当時の面影を残し、豆田町の一角に佇む古い商家や土蔵、美術館、酒蔵などを散策する街歩きは好評です。温泉地としても人気が高く、屋形船での「鵜飼」、B級グルメ「日田やきそば」日田の春を伝える「天領日田おひな祭り」など、みどころ満載です。

photo
※写真はイメージです

仙巌園(旧集成館)

アヘン戦争(1840年~1842年)後、薩摩藩主・島津斉彬が、欧米列強に対抗するために実施した事業の工場群跡。集成館事業では、反射炉・高炉による鉄製大砲鋳造、洋式艦船の建造、製鉄や紡績、ガラス製造、活版印刷など、様々な産業に挑戦した。

photo
※写真はイメージです

寺山炭窯跡

集成館事業(反射炉・高炉・蒸気機関など)に用いる燃料の木炭を製造した炭窯の跡。寺山には1858年に建設された炭窯の跡が残っており、炭窯本体は堅牢な石積で築造された当時の姿を残している。

photo
※写真はイメージです

関吉の疏水溝

初期の集成館事業の動力源となる水を供給した疎水溝の遺構。1852年、島津斉彬は新たな水路を築き、約7kmに渡って導水し、集成館の水車に水を供給した。関吉には当時の取水口跡が残っており、疎水溝の一部は現在も灌漑用水として利用されている。

photo
※写真はイメージです

照国神社

島津家28代斉彬公を祀る神社で、夏の六月灯や初詣には大勢の参拝客が訪れます。島津斉彬公は「幕末第一等の英主」と勝海舟に称された名君で、西郷隆盛、大久保利通を登用し、幕末日本を開国の方向に導いた人物です。

photo
※写真はイメージです

西郷隆盛銅像

江戸城無血開城や明治新政府樹立などの功績を残した西郷隆盛。没後50年祭記念として鹿児島市出身の彫刻家で渋谷の「忠犬ハチ公」の制作者・安藤照が8年をかけ製作し、昭和12年(1937年)に完成しました。わが国初の陸軍大将の制服姿で、城山を背景に仁王立ちする高さ8メートルもあります。

photo
※写真はイメージです

天文館通り

鹿児島最大の繁華街。アーケード内には郷土料理店やみやげもの店をはじめ、カフェやレストランなどが立ち並んでおり、人気のスポットです。