真田幸村 ゆかりの地を訪れるツアーはこちら

真田幸村とは

戦国時代のヒーローと言えば必ず登場する「真田幸村」!いったいどんな人物だったんでしょうか?
実は「幸村」という名前、後世に付けられた名前で本名は「信繁(のぶしげ)」と言います。
江戸時代『難波戦記』という軍記物語に「幸村」という名前が登場するのですが、世の中は徳川の時代。"日本一の兵(ひのもといちのつわもの)"と称され、徳川を苦しめた「信繁」をたたえることはもってのほか。その為、「幸村」という名前を使い、広く伝わるようになりました。(諸説あり)
※もともと「幸村」という名前は、兄・信之が信繁の死後付けたとも言われています。

「関ヶ原の戦い」で西軍に就き「第二次上田合戦」にて徳川秀忠を足止め。
「大坂冬の陣」では【真田丸】を築き、徳川の大軍は大苦戦。
「大坂夏の陣」では家康に死を覚悟させるほど追いつめる奮闘。

何倍もの兵力を持つ敵軍をわずかな兵で互角に渡り合った、まさに戦国のヒーロー「真田幸村(信繁)」の生涯たどるを旅にでましょう。

真田幸村肖像画と赤備えの鎧
幸村ゆかりの地マップ
  • 真田の郷
  • 上田
  • 大阪城周辺
  • 九度山
  • 高野山
  • その他のゆかりの地
真田家家系図

真田幸村 年表

幼少時代

幼年・青年期を過ごした

信 州

  • 真田の郷
  • 上田
永禄10年
(1567)
- 真田昌幸の二男として生まれる。
天正3年
(1575)
9 長篠の戦で真田信綱・昌輝が討死し、父・昌幸が家督を継ぐ。
天正10年
(1582)
16 甲州征伐により武田家が滅亡。
織田信長の家臣滝川一益に臣従。
【本能寺の変】で織田信長が自害。
北条氏直、上杉景勝、徳川家康と主君を変える。
天正11年
(1583)
17 上田城築城

人質時代

天正13年
(1585)
18 昌幸、上杉景勝に臣従。人質として幸村は越後・春日山に赴く。
第一次上田合戦で徳川・北条軍に勝利。
その後、豊臣秀吉に臣従。幸村は人質として大坂城へ。

戦国の舞台へ

天正18年
(1590)
24 秀吉による小田原征伐。 父昌幸、兄信之と共に参戦。
文禄3年
(1594)
28 豊臣秀吉の家臣・大谷吉継の娘(竹林院)と結婚。

九度山雌伏の時代

再起を静かに待った

和歌山

  • 九度山
  • 高野山
慶長5年
(1600)
34 徳川家康が上杉討伐の軍を起こす。昌幸・信之と共に従軍。
大坂で石田三成が挙兵。昌幸・幸村は西軍に、信之は東軍に就く。★犬伏の別れ
第二次上田合戦にて徳川秀忠軍を足止め。しかし、【関ヶ原の戦い】で東軍が勝利。
昌幸・幸村は高野山へ配流。翌年、九度山へ。
慶長16年
(1611)
45 昌幸、九度山で死去。(享年65歳)

大坂の陣

日本一の兵として散った

大 阪

  • 大阪城周辺
慶長19年
(1614)
48 【大坂冬の陣】九度山を抜け出し、大坂城へ。
『真田丸』を築き、徳川方に大打撃を与える。
慶長30年
(1615)
49 【大坂夏の陣】一時は家康に死を覚悟させるほど追いつめるが、討死。
大坂城落城で淀君とともに豊臣秀頼が自害。

真田幸村 ゆかりの地を訪れるツアーはこちら

その他のゆかりの地はこちら