日いづる国 世界遺産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界遺産 九州地区

九州の世界遺産巡りに便利なツアー

南海国際旅行 九州の人気ツアーご紹介

九州 明治日本の産業革命遺産のご紹介

  • 小菅修船場跡

    小菅修船場跡

    アクセス:JR長崎駅から車約20分
    1869年、長崎港において、薩摩藩とスコットランド出身の商人トーマス・グラバーによって建設された船舶修理施設。現存する日本最古の蒸気機関を動力とする曳揚げ装置を装備した洋式船架。曳揚げ装置を格納する小屋は、現存する日本最古の本格的煉瓦造建築。
    三菱長崎造船所

    三菱長崎造船所

    アクセス:JR長崎駅からシャトルバス約20分
    第三船渠(1905年)、ジャイアント・カンチレバークレーン(1909年)、旧木型場(1898年)、占勝閣(1904年)、これら4つの構成資産が三菱長崎造船所の敷地内に位置している。4つの構成資産は全て、長崎造船所の造船能力の急激な拡大を目的に、その施設が大幅に拡張された明治後期に建設された。
    高島炭坑

    高島炭坑

    アクセス:高島港ターミナルから徒歩約25分
    蒸気船の燃料炭の需要に着眼したグラバーは、佐賀藩と共同で、海洋炭鉱を開発。英国人技師モーリスを招き、1869年日本最初の蒸気機関による竪坑である北渓井坑が開坑した。現在も当時の竪坑跡が日本の炭鉱近代化の先駆けとして、残されている。
    端島炭坑(軍艦島)

    端島炭坑(軍艦島)

    アクセス:各船会社所定の港からフェリー
    端島炭坑は、高島炭坑の技術を引き継ぎ発展させ、炭鉱の島として開発された。明治中期以降に採炭事業が本格的に開始し、1890年からは三菱の所有となり、明治後期の高島炭鉱(高島、端島による海洋炭鉱群)の主力坑となった。明治後期には八幡製鐵所へも原料炭を供給した。産業活動の停止と住民の撤退後、現在は、坑口等の生産施設跡や拡張された海岸線を示す護岸遺構が残存している。
    旧グラバー住宅

    旧グラバー住宅

    アクセス:JR長崎駅から車約10分
    スコットランド出身の商人トーマス・グラバーは、小菅修船場や高島炭坑の建設、事業化に協力し、後に三菱合資会社の経営にもアドバイスを与え、石炭・造船など、当時の日本の主要産業の近代化に貢献した。1863年に建設された旧グラバー住宅は、国内に現存する最古の木造洋風建築で、居住やビジネスの拠点としてだけでなく、文化交流の場として活動拠点となった。

    ●長崎の教会群とキリスト教関連遺産(※写真撮影・掲載に当たっては大司教区の許可をいただいています。)

    大浦天主堂

    世界遺産候補

    大浦天主堂

    アクセス:JR長崎駅から車約10分
    大浦天主堂は、ゴシック様式の建物で、現存する最古の教会。また、厳しいキリシタン禁制の中で、約250年信仰を守り伝えてきた浦上キリシタンが、プチジャン神父に信仰を表白したいわゆる「信徒発見」の歴史的舞台でもある。
    ※旧長崎大司教館と旧伝道師学校は非公開
    出津教会堂

    世界遺産候補

    出津教会堂

    アクセス:JR長崎駅から車約60分
    キリスト教解禁後、ド・ロ神父の設計・指導により建てられた教会。当初は現在の半分程度の規模だったが、増築で正面玄関部に、四角の鐘塔などが建ち、現状となった。国宝の大浦天主堂と同様、煉瓦の壁をモルタルで覆うという一見煉瓦造に見せない方法でつくられている。 ※要予約
    平戸の聖地と集落

    世界遺産候補

    平戸の聖地と集落

    アクセス:JR佐世保駅から車約80分
    平戸では、ザビエルが1550年に布教して以降キリスト教が盛んだったが、16世紀末からの禁教政策後は、教会堂の代わりに、先祖の殉教地や平戸島の安満岳、また中江ノ島などが聖地とされ、信仰を守り伝えた。これらの聖地は今なお崇敬されており、禁教時代の独特の景観をとどめている。
    ※中江の島は上陸不可
    野崎島の野首・舟森集落跡

    世界遺産候補

    野崎島の野首・舟森集落跡

    アクセス:小値賀港から野崎港まで町営船約35分
    五島列島の北に位置する野崎島には、野首と舟森という2つのキリシタン集落があった。1908年に建設された旧野首教会は、ヨーロッパ人宣教師に直接指導を受けた、日本の伝統的な木造工法を熟知した日本人大工によって設計・施工されており、東西の技術的融合を示している。※要予約
  • 三池炭鉱 宮原坑

    三池炭鉱 宮原坑

    アクセス:JR熊本駅から車約90分
    三池炭鉱は高島炭鉱に次いで西洋技術を導入し、国内で二番目に近代化を果たした炭鉱であり、明治日本の産業革命の完成期を顕す石炭産業遺産である。宮原坑は、三井買収後に初めて開削された明治期から昭和初期にかけての三池炭鉱の主力坑口。
    三池炭鉱 万田坑

    三池炭鉱 万田坑

    アクセス:JR熊本駅から車約80分
    1902年に出炭操業開始した万田坑は、宮原坑に次いで開削された、明治後期から昭和中期にかけて三池炭鉱の主力坑口として機能した。第二竪坑跡と鋼鉄製の櫓、煉瓦造の巻揚機室、倉庫及びポンプ室(旧扇風機室)等の施設が良好な形で現存する。
    三池炭鉱 専用鉄道敷跡

    三池炭鉱 専用鉄道敷跡

    アクセス:JR熊本駅から車約80分
    三池炭鉱の各坑口と積出港とを結ぶ専用鉄道は、石炭や資材の運搬、製品、原材料など産業物流のために建設された。1905年に全線開通。現在、専用鉄道敷跡の路床と煉瓦造の橋梁や橋台、土地を造成した切土や盛土が現存し、当時の物流インフラの歴史的空間が残されている。
    三池港

    三池港

    アクセス:JR熊本駅から車約85分
    三池炭を大型船で直接積載し搬出する為に築港された。1902年着工、1908年竣工。同時に開港場に指定され、貿易港として発展した。独特なハミングバード(ハチドリ)の保ち、現在も重要港湾として機能している。
    三角西港

    三角西港

    アクセス:JR熊本駅から車約70分
    1887年開港。明治政府の殖産興業政策の元、初めて手掛けた近代港湾築港事業で、野蒜港(宮城県)、三国港(福井県)と並び我が国の明治三大築港の一つ。現在当時の港湾施設が残るのは三角西港のみ。

    ●長崎の教会群とキリスト教関連遺産

    崎津天主堂

    世界遺産候補

    崎津天主堂

    アクセス:JR熊本駅から車約170分
    入江にたたずみ、穏やかな羊角湾を望む美しい姿は「海の天主堂」とも。1888年(明治21年)建立の木造﨑津教会の老朽化に伴い、現在の建物は1934年(昭和9年)にフランス人宣教師のハルブ神父のときに建てられたもの。
    大江天主堂

    世界遺産候補

    大江天主堂

    アクセス:JR熊本駅から車約170分
    キリスト教解禁後、初めて建てられたロマネスク様式の教会。現在の建物は1933年(昭和8年)、フランス人宣教師のガルニエ神父が地元信者と協力して建立したもの。敷地内には、フランスのルルドの聖母像とルルドの泉を模した洞窟が再現されている。
  • 旧集成館

    旧集成館

    アクセス:JR鹿児島中央駅から車約20分
    アヘン戦争(1840年~1842年)後、薩摩藩主・島津斉彬が、欧米列強に対抗するために実施した事業の工場群跡。集成館事業では、反射炉・高炉による鉄製大砲鋳造、洋式艦船の建造、製鉄や紡績、ガラス製造、活版印刷など、様々な産業に挑戦した。
    寺山炭窯跡

    寺山炭窯跡

    アクセス:JR鹿児島中央駅から車約45分
    集成館事業(反射炉・高炉・蒸気機関など)に用いる燃料の木炭を製造した炭窯の跡。寺山には1858年に建設された炭窯の跡が残っており、炭窯本体は堅牢な石積で築造された当時の姿を残している。
    関吉の疏水溝

    関吉の疏水溝

    アクセス:JR鹿児島中央駅から車約30分
    初期の集成館事業の動力源となる水を供給した疎水溝の遺構。1852年、島津斉彬は新たな水路を築き、約7kmに渡って導水し、集成館の水車に水を供給した。関吉には当時の取水口跡が残っており、疎水溝の一部は現在も灌漑用水として利用されている。
  • 三重津海軍所跡

    三重津海軍所跡

    アクセス:JR佐賀駅から車約25分
    佐賀藩主・鍋島直正が進めた近代化事業の一つで、船舶に関する洋式技術の獲得と実践を行う拠点として、1858年三重津に海軍所を設置した。国産初の実用蒸気船「凌風丸」の建造も行われた。現在は地下遺構として残存し、日本最古の乾ドックなど、数々の貴重な資料が発見されている。


Page Top