弘法大師空海が開いた世界遺産・高野山へと向かう列車旅。

近畿橋本~極楽橋

こうや花鉄道 天空

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

観光列車の旅

MAP
「天空」は、標高約900mに位置する天空都市の趣と高野山が醸し出す印象に由来します。
世界遺産「高野山」へと向かう列車旅。花・自然・旅の仲間との触れ合いながら、ゆるやかに五感を目覚めさせる時間をご提供します。
車内を吹き抜ける森の冷気、風が運ぶ鳥の声、虫の音、花の香りなど急勾配・急曲線の険しい山間を縫いながら、高野山へ向かう道中を味わうように空へ空へとゆっくりと昇る、列車天空の旅をお楽しみください。

この観光列車に乗るツアーはこちら

列車のご案内

車体デザイン
山岳の風景を大切にし、森林をイメージした深いグリーンと、高野山にある根本大塔をイメージした朱色のラインが基本となっています。
車窓
ワイドな車窓から、紀の川、不動谷川や険しい山間の風景を一望。森林の澄んだ空気が吹き抜け、四季折々の気候や匂い、鳥の声などが楽しめる魅惑の眺望をお楽しみいただけます。
客席
眺望の良い西側面には、ワイドな眺めが楽しめる固定の大型窓を採用。展望デッキをはじめ、大迫力のワンビュー座席、語り合う旅に最適のコンパートメント、鉄道ファンにも人気の先頭展望車両、席を離れて自由に景色が楽しめるフリースペースをご用意。

列車でのお楽しみ

この観光列車に乗るツアーはこちら

※本サイトで掲載の写真・画像は全てイメージです。本サイトで掲載の写真・画像・文章は全て無断での転載、転用をお断りします。


Page Top