• 四国八十八ヶ所霊場めぐり
  • 巡拝についてのご案内
  • 巡拝の服装と心得
  • ツアー一覧はこちら

四国八十八ヶ所霊場めぐり

四国霊場1番礼所霊山寺をふりだしに、「発心の道場」阿波23ヶ寺、「修行の道場」土佐16ヶ寺、「菩提の道場」伊予26ヶ寺、「涅槃の道場」讃岐23ヶ寺の88ヶ寺を巡ることによって、煩悩が消え、願いがかなうと言われています。
大師の御跡は人間修行の道場として、合掌する参拝者の心に語りかけてくるものがございます。
青い空、碧い海、青い四国はやすらぎと豊かな自然でいっぱいです。同行者二人・大師と共に、旅情溢れる心の旅路をお楽しみ下さい。

このページの上へ

巡礼についてのご案内

  • コースについて
    巡拝コースについては、時間に多少のズレが生じます。また、天候・時間等も考慮して変更を余儀なくされる場合もございます。あらかじめご了承ください。

    徳島駅/とくしまCITY前 ~ 徳島駅/とくしまCITY前または徳島阿波おどり空港間のバスツアーは、㈱徳バス観光サービスが旅行企画・実施する募集型企画旅行となります。
  • 巡拝について
    ・門前で一礼した後、手水を使って身を清め本堂へおまいりします。
    ・所定の場所へ納め札を納めます。
    ・ローソク、線香、お賽銭を供えます。
    ・念珠を手にして、お経をあげます。
    ・大師堂や祖師堂、その他お堂にお参り、本堂と同じようにお祈りしてください。お祈りがすみますと門前で一礼して、次の札の札所へまいります。
  • お先達について
    弊社の巡拝バスは、納経のお世話として係員が同行させていただきますが、特定のお先達は同行しません。
    弊社では、参拝を「自由なお参り」としております。
  • 納経について
    各札所で写経を奉納した(お経を唱えた)しるしとして、ご本尊の宝印を捺していただくことを納経といいます。
    納経帳、白衣、掛軸の3つがあり、いずれにいただいてもかまいません。
    弊社ツアーでは係員が納経のお世話をいたしますが、お一人様につき一式までとさせていただきます。

    納経の料金は以下の通りとなります。
    納経帳 1ヶ寺 ¥300 白衣 1ヶ寺 ¥200
    掛軸 1ヶ寺 ¥500
  • 宿泊について
    宿泊のお部屋割りは、男女別の相部屋が基本です。
    団体での巡拝でございますので、お客様各位のご希望に添いかねる場合もございます。
    個室のご希望も承りますが、確約ではございません。
    ご予約時にお問い合わせ下さい。
    (追加料金が必要な場合もございます)
  • 山にある礼所について
    巡拝礼所の中で高い山の札所はほとんどタクシーまたはロープウエイを利用して参拝します。
    ただし45番岩屋寺、60番横峰寺など、現在でも20~30分お歩きいただく札所もございます。
    その時の健康状態をご確認のうえご参拝ください。
このページの上へ

巡拝の服装と心得

・金剛杖、念珠、輪袈裟は必需品です。
・遍路の正装は白衣姿ですが、弊社は「自由な参拝」を行っておりますので、特に規定は設けておりません。
上半身に白衣を着て、下半身はハイキング姿のように動きやすい服装などでも大丈夫です。
・女性の方はスカート姿をさけてスラックス姿の方が無難です。
・帽子は菅笠もしくは登山帽。
・履物は履きなれた運動靴が最良です。
・雨具は必ずご持参ください(できれば動きやすいナイロン製のカッパが良いです)。
・宿泊のツアーの場合、歯ブラシ・タオル・浴衣は、宿坊も含め付いております。
その他個人的な物については各自ご持参ください。

①管笠…日除け、雨具に最適です。
②金剛杖…杖を持つことにより、大師と二人づれ(同行二人)で、巡礼者を導いてくれるとされています。
一日巡拝が終わり宿に着けば、まずこの杖を清浄な水で清めて下さい。
③白衣…お遍路さんの正装です。納経帳、掛軸と同様、こちらにもご宝印をいただけます。
④輪袈裟…白衣の上から首に下げます。礼拝の正装具であり、白衣とともに修行の身であることを表します。
⑤札入れ…納め札、ローソク、線香を入れるものです。
⑥念珠…珠の数は一〇八で、煩悩の数と同じです。
⑦持鈴…魔除けとしてお持ちください。
⑧さんや袋…貴重品や念珠、経本などを入れます。
⑨脚絆…お遍路さんの正装です。手にはめるものは手甲といいます。

ツアー一覧

  • 大阪発 四国お遍路八十八ヶ所全周バスツアー
  • 東京発 四国お遍路八十八ヶ所全周バスツアー
  • 大阪発 四国霊場分国まいりバスツアー
このページの上へ