海外旅行体験記 ∼ お客様やスタッフの、現地滞在レポートをご紹介!

オーストラリア16日間~初めての一人旅~ 体験記TOPに戻る

3日目 : 野生イルカに出会うモートン島

朝は鳥の声で目覚めました。
庭を見ると鳥がたくさん。とってもいい目覚めです。
取れたて無農薬のおいしいサラダとニワトリちゃん達の取れたての美味しいゆで卵、フレッシュな果物が入ったシリアルを頂きました。朝から健康的でおいしい朝食で元気が出ました。

イメージ イメージ
▲朝食
▲朝Taka farmに集まる鳥への餌付け
イメージ  
▲TAKAおじいちゃんとモコさん
 

モコさんにサーファーズパラダイスまで送ってもらい今日はモートン島の1dayツアーに参加。7:30にバスに乗り、途中からタンガルーマというモートン島のリゾートが出しているバスに乗り換えブリスベンへ。バスの中はカップルが多く、家族連れ、社員旅行できている日本人たちでした。ゴールドコーストからブリスベンへ約1時間10分のバス移動で港へ到着。降りたはいいがバスの運転手の人は何も案内してくれない。またこれから綺麗なビーチが広がるリゾートに行くのに1人も寂しく唯一の女性2人組に声を掛けてみるととても明るくて優しいお2人!取り敢えず人の流れについて行く事に。まずバスを降り、小屋みたいなところに名前を言いに行きます。陽気なオージーが日本語の案内を見せてくれます。乗船チケットをもらいいざ乗船。

イメージ イメージ
▲タンガルーマのバス
▲チケットの受け取り窓口
イメージ  
▲乗船する船
 

あまり大きな船ではなかったがまったくゆれず75分でモートン島到着(11:45)
あいにくの曇りであまり海は綺麗に見えない。。到着後日本人の方が桟橋までお出迎え。最初にリゾートの案内をしてくれます。15:05から4WDで行く砂漠サファリツアーだったのでそれまでにバイキングの昼食と今回のメイン!イルカの餌付けのエントリーをしに行きます。

イメージ イメージ
▲モートン島に到着!あいにくの曇り。。
▲イルカの餌付けエントリー
イメージ  
▲バイキング
 


15:05のはずか出発が10分くらい結局遅れて出発、さすがオージータイム。
大体15分くらいの車移動で一面の砂漠地帯へ到着。真っ白な砂がお出迎えしてくれます。
みんなわぁーっと声があがります。さて砂すべりスポットへ到着。写真を一通りとったらドライバーからレッスンを受け実践!すべるところまで行くのが大変。。。
すべる板と砂が目に入らないようにゴーグルを持ち、はぁはぁ言いながら頂上へ。意外と高くて急。けれどすべるのはとっても楽しそう!
上から見ると意外と高い。けれども怖がっている暇はありません。次・次と順番は回りついに私の番。前の板とひじを少し上げることをわすれずに、Lets Go♪
はやーい!どんどんスピードは上がってとーってもスリリング!思わず声をあげてしまい、目は守っていたのに口の中は砂だらけに。。2回多い人は3回挑戦できます。一緒にいた2人も全身砂だらけでみんな砂かけばばあみたいになりました。けれどもとっても楽しかったからそんなの関係ない!!

イメージ イメージ
▲説明を受けます
▲みんなで登ります
イメージ イメージ
▲頂上でのスタート前
▲滑っている最中!

リゾートに帰ってきたのは4時過ぎ、6時30分からの野生イルカの餌付けまで時間があるので3人で飲むことに!ビールはNewというオーストラリアのビールを選択。これは飲みやすくてビールが苦手な人にもお勧めです。楽しく会話し、さてさて餌付けタイム!
桟橋に集まって英語の説明を受けます。イルカに触れないこと日焼け止めなど塗り過ぎない、餌付け中の写真撮影の禁止などの注意事項を聞き、いざビーチへ。魚を持って順番を待ちます。スタッフが海の中で待っており、3人グループだったのでイルカちゃんは3人で2匹。手に魚を持って近づけるとイルカからよってきてパクッ。上手にとっていった!かわいい~
一回だけではなくスタッフさんがバックに魚を別で持っており渡してくれるので3回あげることが出来ました。自分の手から食べてくれる姿はとってもかわいくて癒されます。しかもさっと取るわけでもなくワザと見たいにゆっくり近づいて食べてくれます。もう心も体も疲れが吹っ飛び満足です。終わったら体をシャワールームで洗い帰ります。7時のフェリーに乗り結局サーファーズパラダイスのホテルに着いたのが10時。満喫したツアーでした。

イメージ イメージ
▲イルカにあげる魚
▲自分の番が来るまで待ちます(右は見学者)
イメージ  
▲餌付けの様子
 

さて、ホテルには今日泊まるムーンダンスコートゲストハウスの日本人のオーナーさんがお出迎え。
お疲れ様、大変だったね!と優しく迎えてくれました。1泊2食付のステイだったのですが、夕飯は遅くなってしまったので先に食べているものだとおもったら、なんと私のためにみなさん待っていてくれました!!一人で食事は寂しいでしょ?って。当たり前のように言ってくれて。。なんて優しいご家族なのでしょう。その言葉にほんと助けられました。玄関に向かうまではキャンドルがともされておりとってもお洒落。玄関に入ると広い玄関・白い壁。とってもおおきな空間で解放的な綺麗なお家。また家の中はキャンドルのおかげかいつもとってもいいにおいがしました。
お部屋に入ってリビングで夕飯。なんと大好物の焼肉!まさかオーストラリアで食べられるとは!ちゃんとキムチやナムル、お味噌汁とご飯も出してくれすべて本当においしー!みんなで食卓を囲むと会話も弾んでとっても楽しいですね。1人で来た事なんて忘れてしまうほどまったりしてしまいデーザートを含め2時間も話してしまいました。こういうあたたかな出会いもB&Bならではですね。そのあとはゆっくりバスタブに浸かって就寝。

イメージ イメージ
▲夕食の焼肉
▲泊まったお部屋

モートン島へ行くツアーはこちら→
http://www1.nanka-e-tabi.com/ntiweb/Tourlist.aspx?tc=WD0AAUOMOTAN,WD0AAUTMOTAN#start

オーストラリア16日間~初めての一人旅~ 体験記TOPに戻る